看護部紹介

看護部各科紹介では、科の紹介と方針等をご紹介します。

外来

外来

ここ5年間、1日約320名の方が外来受診されています。その中で、脳神経外科は、脳梗塞、脳内出血などの救急受け入れを行い、泌尿器科では体外衝撃波結石破砕術の日帰り治療を行っています。
また前立腺の検査や一般検診での再検査、胃カメラなどの内視鏡検査を積極的に行っています。特に内科では癌の治療に対して、外来化学療法を行い、患者さまに安心して治療が受けられるようにサポートしています。

2階病棟

2階病棟

内科と脳神経外科の混合病棟です。内科は消化器、循環器疾患と分子学的治療を含んだ最先端の癌化学療法を治療としている患者さまが入院しています。脳神経外科は脳梗塞、脳出血、脳腫瘍の手術後などの急性期疾患が主です。それぞれの患者さまのQOLを考え、残存した機能が維持されるように療養の援助、治療の介助を行っています。 色々な年齢層の看護師がおり、専門的な知識が学べ、緊張感の中にも楽しく働ける職場です。

3階病棟

3階病棟

脳外科・泌尿器科の混合病棟です。専門病院としてより専門性を高め、看護の質の向上に努めています。他職種間の垣根も低く、チームワークで業務を円滑にする事で、患者さまにより安心した看護が提供できるよう努めています。また、地域にも温かく、在宅医療にも積極的に関わっている病棟です。ぜひ一緒に働きましょう。

ICU

ICU

人工呼吸器をはじめ、急変対応・全身管理を実践できる病棟です。熟練した技術・知識の向上に努める中でも、私達はその人の生活の質の向上を目指した看護を実践したいと考えています。子育て中のスタッフも多く、みんな優しく、協力して支え合っています。

透析室

透析室

1996年3月より血液透析室として増設され、個室を有し、現在39床で稼働しています。
月・水・金、午前午後の2部透析、火・木・土、午前のみの透析を行っています。
私達スタッフは、臨床工学技士と共に、患者さまがよりより透析を受けられるように、安心な透析を目指しています。