臨床工学部

臨床工学部

当院の臨床工学技士は、開院当初より血液浄化や高気圧酸素などの生命維持管理装置の操作と、医療機器の管理や点検を主な業務としてスタートしました。
現在も血液浄化業務を中心として、日々の技術革新により多様化する医療機器を安全に使えるよう、機器の情報収集と保守点検による信頼性の向上に努めています。

血液透析

血液透析は機能が低下した腎臓の代わりに人工腎臓をつかって血液中の老廃物や体に溜まった余分な水分を取り除く治療です。
透析室 (39床) にて日常業務を行っており、シャントへの穿刺と透析機器の操作を主な業務としています。

高気圧酸素

加圧されたタンクの中で高濃度酸素を吸入することにより、低酸素状態の改善や体内ガスの圧縮による循環障害の改善などをめざす治療法です。
現在は第一種装置一台で運用しており、脳梗塞や腸閉塞、一酸化炭素中毒などの治療をしています。

医療機器管理

院内で使用する医療機器の日常点検や定期点検を行っています。点検によって機器の破損や不具合を早期発見することで、使用中の故障を未然に防いでいます。

心臓カテーテル業務

心筋梗塞や狭心症などの心筋虚血の検査や治療をおこなうところです。治療を行う医師のサポートや血管内超音波装置 (IVUS)、光干渉断層診断(OCT)の操作を担当しています。
ペースメーカー植込みや定期チェック、アブレーションのポリグラフ、3Dマッピングの操作を行います。

集中治療業務

人工呼吸器や補助循環装置などの管理、24時間の持続透析など行っています。